2018年12月12日

GHK SIG553の2




先日からのGHK SIG553。
軽くバラせるところまでは見てみますか。





ということでテイクダウンした上下からロア側を確認。
外見から見た感じはトリガー、セレクタ、ボルトストップは鉄。
中身のセレクタアクスルや、ハンマー周りの機関部の鉄の模様。
あとはフォールディングストックの基部や、ボタン周りも同じく鉄。

とりあえずロア側は完全に非鉄金属は使用していない感じですな。





続いてアッパー側、レシーバを言わずもがな、
ハイダー、アウター、ハンドガードキャップとかも鉄になってます。





…何も説明もなくさっくり外してたコッキングハンドルも根元は鉄。
まぁここが亜鉛だったら使ってるうちにポッキリ逝きそうなのそりゃそうか。




ボルト周りの分解の前、バッファアッパーから取り外し。
さすがにバッファーは樹脂パーツでしたが。

構造的にここを金属パーツにする必要は全くないですが…
ダンパー本体はともかくバッファ自体を金属パーツにすれば、
リコイルが良くなるかもしれませんが、そうなると、
レシーバやボルト本体への負担を考えるとやっぱ樹脂で良いのかな。






そんで、その次はガスプラグとガスチューブ、リコイルスプリングを取り外す。
もちろんこの箇所の鉄なのですが、プラグの色見て分かるように、
個々は未塗装…ではなくクロムメッキ?の模様。
結構切磋が荒くて、切りくずが少々残っていて指に刺さり、
うなぎ大騒ぎ。

…いや、指の変なところに刺さると抜くの大変ですわ。


よし、今日は日が悪い。
また次回にでも。





同じカテゴリー(トイガン)の記事画像
VFC HK G3A4
VFC HK G3の10
VFC HK G3の9
VFC HK G3の8
VFC HK G3の7
VFC HK G3の6
同じカテゴリー(トイガン)の記事
 VFC HK G3A4 (2018-12-25 00:55)
 VFC HK G3の10 (2018-12-24 00:16)
 VFC HK G3の9 (2018-12-23 00:11)
 VFC HK G3の8 (2018-12-22 00:05)
 VFC HK G3の7 (2018-12-21 00:09)
 VFC HK G3の6 (2018-12-20 00:03)

Posted by うなぎ  at 00:05 │Comments(0)トイガンガスブロ

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

最近の記事
プロフィール
うなぎ
うなぎ
辞めたはずの趣味が悪魔の誘いにより再発。昔はヨーロッパ、WWⅡの火器の方が好きだったのに、WA M4の所為ですべてが狂う。GBB狂い。電動?メカボックスもバラせません。超個人的好みと私感でだらだら書きますのでよしなにお願いします。
気になる物などあればご相談承ります。
Mail
注文などのご相談


< 2019年01月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
IRONAirsoft (510)
VFC (113)
VFC HK MP5 (130)
Ra-Tech (19)
VIPER (18)
KWA/KSC (4)
INOKATSU (15)
E&L AIRSOFT (16)
KJ WORKS (6)
マルイ (45)
WE (18)
Aimpoint (18)
EOTech (1)
Surefire (56)
Trijicon (15)
LARUE (12)
KAC (20)
MAGPUL (54)
TORY (6)
VLTOR (4)
NOVESKE (40)
M4A1 (64)
GLOCK (10)
M14 (1)
HK (116)
HK MP5K PDW (40)
HK416 (8)
WAM4 (542)
USA! (51)
KeyMod (51)
M-LOK (43)
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人